Techland、大型アップデートで「Summer of Horrors」を開幕

Techlandの「Good Night, Good Luck」アップデートは、パルクールシステムの改善や夜の体験の全面的な見直しなど、『ダイイングライト2 ステイヒューマン』のゲームプレイに大きな変化をもたらします。

真夜中に

昼と夜のサイクルは常にダイイングライトフランチャイズの中心にあります。今回のアップデートは、より重苦しく、ほとんどホラーのような雰囲気を持つ夜にすることで、ゲームプレイの違いを強調することを目的としています。そのため、視界が大幅に狭まり、プレイヤーはダイナミックな影を落とすアップグレードされた懐中電灯に頼ることになります。サウンドデザインも、音楽がエフェクトの脇役となり雰囲気を高めています。さらに、ヴォラタイルが屋上を徘徊するなど感染者が現れる場所が増え、日没後に、本当に安全な場所はなくなります。

全力を尽くせ

生き残るには逃げるしかないことも。チェイスシークエンスがより没入的になっただけでなく、パルクールにもさらなる改良が加えられています。その他にも、アニメーション、空中でのコントロール性の向上、勢いの維持などが追加されています。

パルクールは『ダイイングライト2 ステイヒューマン』のハイライトですが、経験豊富なプレイヤーの中には、もっと難易度を上げてほしいという声もありました。Techlandはこのような意見に応え、これらの希望を満たすべく特別にデザインした新しいパルクールスタイルを導入しました。現在、プレイヤーは設定メニューで、自分の動きをよりコントロールし、地に足をつけた激しい旅をするか、アシスト付きのゲームプレイをするかを選択できます。

マップをまたぐ冒険

アップデートの3つ目の柱は、コミュニティマップです。Techlandはmod.ioと協力し、追加のアプリケーションやエディタをダウンロードすることなく、ゲーム内から直接Moddersが作成したマップにアクセスできる貴重な機会をプレイヤーに提供します。これは、ダイイングライトファンの奔放な創造性を示す、多くの新しいレベルやコンテンツがプレイできることを意味します。現在、この機能はPCにのみ対応していますが、今年後半にはコンソールとSteam Deckにも提供される予定です。

(ハランの)夕焼けに向かって走り去る

その他の注目すべき追加要素としては、PC版のウルトラモードでのグラフィック向上や、「ハランの夕焼け」と呼ばれる新しいカラーグレーディングオプションがあります。さらに、プレイヤーは武器を投げて後で回収できるようになりました。また、ユーザーインターフェースの改良と、トランスモグのオプションも追加されました。

夏のアンデッドな 日々
「Good Night, Good Luck」は「Summer of Horrors」の幕開けを告げるものである – シーズン全体、そして9月にかけて、一連のイベント、クロスオーバー、アップデートが行われます。この発売を記念して、Techlandはナイトランナーの皆さんに、6月29日16:00 (中央ヨーロッパ夏時間)から7月13日16:00 (中央ヨーロッパ夏時間)まで、ブラッディナイトイベントでヴォラタイルと対戦する腕試しをするよう呼びかけます。チャレンジ完了の報酬は以下の通りです:ハントレスのレギュラーミッションチケット3枚とエリートミッションチケット3枚、クロスボウとボルトの設計図、そしてプリックの衣装です。さらに、『ダイイングライト2 ステイヒューマン』はイベント期間中50%割引で購入できます。

生ける屍のファンにとっては、「Summer of Horrors」が次に何をもたらすのか、ワクワクすることでしょう。『ダイイングライト2 ステイヒューマン』と『ウォーキング・デッド』のコラボもあり、興味をそそられるに違いありません。Summer Game Fest で初お披露目- 続報をお楽しみに。

夜を生き延びるために必要なことをする- そして、流浪人の前哨基地に立ち寄って詳細を確認しよう。

https://pilgrimoutpost.techlandgg.com/

Summer of Horrorsイベント「血塗れの夜」

他のニュース