スカルフェイスとアストリッドのコスプレガイド

『DYING LIGHT 2 STAY HUMAN』は特徴的で色とりどりなキャラクターが多く登場する終末世界が舞台だ。
感染者や狂った医者、神出鬼没なハンター、独裁者ピースキーパー、破壊をもたらすレネゲイド、そして迷える勇者流浪人。ここは彼らの故郷。ストーリーDLC『Dying Light 2 Stay Human: Bloody Ties』の発売に伴い、プレイヤーは新たなローケーションでさらに多くのキャラクターと出会った。
カーネッジホールは壮麗、名声、富、そして死、残虐、流血の象徴である。ここは最強のファイターが栄光をかけて戦う場所なのだ!このガイドの目的は、イカれた闘技場の人気者たちになりきる方法を伝授すること。

SKULLFACE (スカルフェイス)

スカルフェイスは冷酷な復讐心を拳に込めた無敗のチャンピオン。最初のストーリーDLCの敵役でもある。彼の外見で特徴的なのは、クラシックなレスラーと古代ローマの剣闘士を合わせたスタイルだ。

 

(その1)頭:ヴォラタイルの頭蓋骨をマスクとして被っているのが特徴的。上部には錆びた金属の板で出来ている角のような冠が、後部には革ひもがあり、それらが組み合わさっている。マスクの下はブルーグレーのヘッドスカーフだ。

 

(その2)上半身:スパイク付き金色チェストプロテクター、赤色のタンクトップ、カーネッジホールのチャンピオンベルト、そして赤色のタッセル(飾り房)を身につけている。

 

(その3)腕:金色のチェーンを巻きつけ、フィンガーレスレザーバンドと黒のグローブ、黒のバンテージ、左手にはカーネッジのマニカを装着している。

 

(その4)脚:いたってシンプル。パッド付きレザーパンツとミッドカーフのレースアップブーツを用意するだけ。

 

ASTRID (アストリッド)

カーネッジホールの女王を見くびってはいけない。この場所の支配人であり、手の内に丸め込まれないよう気を付けるべきだ。敬意を示す際は自信を持とう。

 

(その1)頭:シンプルだが少しやっかいだ。アフロヘアで頭の左側は編み込みをしている。右のイヤリングはよくある金色の丸みを帯びた四角形。左のは欠けた鍵の形をしている。

 

(その2)上半身:ここからは少し複雑になる。ヒョウ柄の革ジャン、ウエストベルト、黒のタンクトップを着ている。しかし、その反逆精神を再現するならば、緩めた白ネクタイ、シルバーの飾りびょう、安全ピン、ピアス、金属の継ぎ目、チェーンなどアクセサリーは欠かせない。

 

(その3)下半身:アストリッドは擦り切れたレースアップレザーパンツ、赤レース付黒レザーブーツ、右足にバックル付シューズを身につけている。(その4)腕:右腕にはバックル付のこてを、左腕にはフィンガーレススポーツグローブと、(その2)で言及した革ジャンのスリーブが伸びている。

これで『Dying Light 2 Stay Human: Bloody Ties』の人気キャラクターの二人に関する情報はバッチリだ。この情報を有効活用するには、コスプレをシェアしてInstagram(@dyinglightgame)や他のSNSでタグしよう。

Dying Light 2 Stay Human: Bloody Ties DLC

他のニュース